HOME > BURNOUT KONCEPT


BURNOUT MAGAZINE
KONCEPT


1999年9月20日、日本初のカスタム・カルチャー専門誌誕生

BURNOUTはTHE NASH見聞録

BURNOUT01.jpg
日本初となるカスタム・カルチャーに特化した
フリーペーパーのBURNOUT MAGAZINEは、
1999年9月20日に創刊しました。
その当時、まだ日本にはカスタム・カルチャー
の世界以外でもフリーペーパーというものは、
まったくといっていいほど浸透してなく、人々
はタダで雑誌が手に入るという事にとまどいを
隠せませんでした。しかし、あくまでも無料で配布するという事にこだわりを持っ
いたTHE NASHは、かたくなにフリーペーパーというものにこだわって、BURNOUT
作ったです。

そのコンセプトは、まずは世界で起きているカスタム・カルチャーの記事を、THE
NASHの目を通して紹介するという事です。
現地特派員や外部のライターなどはいっさい使わず、THE NASHが直接足を運んだ
で起こった事のみを取り上げるといったスタイルは、一般誌とは完全に一線
画すもので、それは良くも悪くもTHE NASHの独断と偏見で制作された、いわば
THE NASH見聞録といって差し支えありません。
また、世界で起こっている事を日本人の読者に、日本で起こっている事を世界の読者
に読んでもらうため、BURNOUTは創刊号から一貫して日本語と英語の2カ国語を掲
載する、バイリンガル・マガジンとして世界中の人たちに愛読されています。

そんなBURNOUTの判型は、あえて小さいA5版をチョイスしています。
なぜなら、THE NASHはBURNOUTを作るにあたり、古き良き時代のアメリカで創
刊された、Rod & Custom誌やHOP UP誌どからインスパイアを受け、当時のチ
ープな紙や体裁だけど、内容の濃い記事が載っていた創世記の頃の雑誌のようにし
たいという、い思いが込められているのです。
それはサイズだけでなく、紙質にもこだわっていて、本来なら世の中でかなり流通
ているコート紙と言われている、光沢のあるツルツルの紙が、コスト的にも流通的に
もひじょうに優れているのですが、あえてマットな質感を持った「上質紙」という紙
をチョイスする事により、なるべく良い意味でチープな味わいを出そうと努力してい
るのです。
また、広告も一般誌では商品掲載広告が当たり前、というかそれしかあり得なかった
時代に、あえて商品掲載広告を基本NGにし、最悪商品掲載をする場合でも、商品の
値段だけは絶対に掲載しないというスタイルで、広告クライアントたちに交渉してき
ました。

それらは全て、一般誌に対する対抗意識から来るもので、読者からは雑誌代を取り、
広告クライアントからは広告代を取るという、二重に代金を徴収しているにも関わら
ず、たいした事のない記事しか掲載されてなかったり、お世辞にもカッコイイと言え
ないひどいセンスの広告が掲載されている一般誌に対して、「雑誌自体はタダで、し
かもこれだけ内容が濃いものを載せてるんだぞ」という反発心の表れでもありました。
元々、20歳の頃からキャル・マガジンを読んで、カスタムの事を勉強し、育ったとい
う背景のあるTHE NASHは、雑誌というものに対して熱い想いを持っています
だからこそ、廃刊前の晩年は、無能な編集長のせいで最低な雑誌へと成り下がってし
まったキャルに対して、ものすごく不満を持っていましたし「読者から金を取るなら
これぐらいの本は出してみろ」という、挑戦的な気持ちからBURNOUTを創刊させた
という経緯があるのです。
今となっては良い思い出ですが、創刊当時の1999年は真剣にそう思ってました。

何はともあれ、現在では日本はもちろんの事、世界12カ国でBURNOUTは読まれ、
世界中の人たちから支持されています。
これからも、良い意味でわがままに、そして良い意味で期待を裏切る誌面作りをして
いき、このTHE NASH見聞録であるBURNOUTを生涯続けていきたいと思います。

EDITOR IN CHIEF
THE NASH.






















dj20th.jpgdj20th.jpg